閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

正規ルートで修理する場合

「液晶画面が割れた」「突然電源が入らなくなった」などスマホが壊れてしまったときに、修理に出す前に検討しなくてはならないのが「どこへ修理に出すのか」ということです。この場合の選択肢は二つです。一つ目は「正規ルートで修理してもらう」というもので、二つ目は「非正規ルートで修理してもらう」というものです。正規ルートとはスマホを購入した店舗へ連絡し、正規の修理方法を紹介してもらうことです。基本的にスマホを購入した店舗では修理は受け付けていないので、そこから紹介される修理受付へ連絡するという流れになります。場合によってはスマホメーカーへ直接連絡すると修理受付について説明してもらえます。

正規ルートのメリットは、純正部品を使用して修理してもらえる安心感です。デメリットとしては修理代金が高くなります。ただし保険や補償のプランに加入している場合は修理代金0円という場合もあります。

非正規ルートで修理する

ネットで「スマホ修理」などと検索すると、リストに修理専門業者の名前が並びます。正規ルートでの修理よりも安く仕上がることがほとんどですが、そのぶん修理に使う部品が純正部品ではなく汎用部品であったりします。一概に汎用部品がダメというわけではありませんが、スマホによっては純正部品以外で修理した筐体は補償範囲外とされていることが多く、その後はメーカーの補償を受けることができなくなります。このリスクをどう捉えるかは人によって違いますので「修理を安くあげたい」ということと「その後の正規補償が受けられなくなるかもしれない」ということを秤にかけて検討します。

Xperiaの修理はスマホ修理会社に依頼するよりも、販売しているキャリア3社に相談した方がスピーディーに解決します。補償サポートに加入していれば、なお解決は早くなるでしょう。

閉じる

Calendar

2019年5月
    6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031