閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

化学洗浄処理の代表格です

化学薬品を使って汚れなどを取り除く方法を「化学洗浄」といいます。金属を酸で洗って綺麗にする「酸洗い」は、その代表的なものです。

原因物質の除去のために

酸洗いは「金属表面の加工をしやすくする」「表面の洗浄」「メッキや塗装などの下地処理」「表面の皮膜の再形成」などを目的におこなわれます。金属を熱処理すると、その表面にはサビや酸化物が発生します。これらは加工時の不具合の原因になるため取り除かなければなりません。そこで酸洗いです。金属を硫酸や塩酸などの溶液に漬けてこれらを除去します。またステンレスの場合、加工中に傷ついた「サビから金属を守る層」を、酸洗いで再形成することもできます。酸洗いは特別な機械や広い場所を必要としません。多くの作業を省略できるので、その分の人手が掛からず経済的という利点もあります。しかし、作業中に有害なガスが発生して作業者に被害が及ぶ危険性や、強い酸性を持つ廃液の問題があります。人体や環境に悪影響を与えないために、排気・換気設備を設置したり、適切に廃液を処理したりする必要があります。

イメージを形づくるために

金属加工をスムーズにおこなうための処理「酸洗い」に対し、「エッチング」は酸などの腐食作用を利用した加工目的でおこなわれます。金属など素材の表面に防除層(酸の影響を受けない層)と、(加工イメージに合わせて)それを取り除いた部分を作っておきます。酸で腐食させると、削られた部分と防除層によって削られなかった部分が形成され、文字やデザインといったイメージが浮かび上がる、という技法です。腐食性がある物ならば、さまざまな素材に応用することができるため、機械加工や半導体製造だけでなく、工芸品などでも利用されています。

溶接焼けは主にステンレス合金に起こる現象で、サビの発生を防ぐ成分が溶接の熱で変質して浮き出た物です。そのため、汚れやサビを溶解させて除去する酸洗いが効果的な対処法になります。

閉じる

Calendar

2019年5月
    6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031